読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComplexNakusu.com

パーソナルトレーニングなどを通じてコンプレックスをなくす方法公開!

筋トレを始めたきっかけ「パーソナルトレーニングジムライトブラザーズ誕生秘話①」

スポンサーリンク

ライトブラザーズ誕生秘話①

 

おっくんが中学生の時から筋トレを始めたきっかけ

 

 

f:id:ohkun7:20170327105816p:plain:w400

 

 

ライトブラザーズの代表おっくんは

小学生の時からテコンドーをやっていましたが

大好きで週3回以上食べていた

韓国の唐揚げのせいだったのか・・・

今の体からは想像出来ない程のぽっちゃり体型でした。

 

 

(もちろん100%唐揚げのせいではなかったと思います。

栄養バランスなど何も意識せずに、

食べたいものをなんでも食べていた

食事習慣が根本的な原因だと思います。)

 

 

f:id:ohkun7:20170327105819p:plain:w400

 

 

韓国には格好良い体をした芸能人が

たくさんテレビ番組に出演されています。

ぽっちゃり体型だった私は大好きな唐揚げを

片手にテレビ越しに格好良い体の芸能人を見て、

いつもその芸能人たちの体に憧れていました。

 

 

週3回以上、たくさんの唐揚げを食べながら

テレビ番組に出てくる格好良い体をした

芸能人たちをただただ羨ましがりながら、

特に何も努力をせずに私の小学生時代は終わりました。

 

 

f:id:ohkun7:20170327105820p:plain:w300

 

 

(両親は私に唐揚げ屋さんの娘さんと

結婚したほうがいいんじゃない?と冗談半分にいう程、

当時の私は唐揚げにメロメロでした。)

 

 

私の中学生時代

 

 

f:id:ohkun7:20170327105817p:plain:w400

 

 

何もせずに太ったままの私は中学生になってからも

相変わらずぽっちゃり体型でしたが

太っている自分にコンプレックスを感じていて

中学校2年生の時から筋トレに興味を持ち始めました。

 

 

中学校2年生の私は

もちろんボディメイクの専門的な知識などは無く、

無知でしたが

「筋トレをしてテレビに出ている芸能人みたくなりたい!」

という目標だけはしっかり持っていました!

(カッコよくなりたい!という事が

中学生の時から筋トレを始めたきっかけに)

 

 

f:id:ohkun7:20170327105815p:plain:w400

 

 

私の目標はムキムキなマッチョではなく

服の上から少し筋肉のラインがみえるような、

そして服を脱いだら韓国の芸能人クォンサンウさんみたいに

綺麗で鮮明な腹筋がでてくるような

細マッチョの体型になる事でした。

 

 

芸能人みたいな

細マッチョの体にしたかった私は

家の近くにあるスポーツジムに入会して

ウェイトトレーニングを始めようとしていました。

 

 

しかし、

ジムでのウェイトトレーニングを始めるにあたって

問題がひとつありました。

小学生から習っていたテコンドーです。

 

 

ウェイトトレーニングとテコンドーを

一緒にしても大丈夫かな??」と

しばらく一人で悩んでいました。

 

 

そこで思い切ってテコンドーの先生に

相談をしにいきました。

 

 

テコンドーの先生は

ウェイトトレーニングをして筋肉をつけると

体のスピードが遅くなるから、

テコンドーをずっと続けるつもりなら

絶対ウェイトトレーニングはしないほうがいい」と

アドバイスをくれました。

 

 

「テコンドーをずっと続けるなら

ウェイトトレーニングはしない方がいい・・・」

 

 

このアドバイスを受け

これまで頑張ってきたテコンドーを続けるか、

格好良い体になるためにウェイトトレーニングを選ぶか・・・

悩みに悩みぬいた私の結論は・・・???

 

 

小学生から続けてきたテコンドーは

3段まで昇段していましたが

始めたころからテコンドー選手を目指した事もなく、

徐々に興味も薄れていました。

 

 

私にとってテコンドーも

トレーニングのうちのひとつという考えが強くあったので

テコンドーとウェイトトレーニング

二者択一をしなければならないのであれば・・・

 

 

断然格好良い体を作るためのウェイトトレーニングを選んで

私の体を変えたい気持ちが勝っていました。

それで私の結論は長年続けてきたテコンドーをやめ、

ウェイトトレーニングに乗り換えて

格好良い体を作ることになりました。

 

 

「小学生の時から週5回以上

テコンドーをやっていた私が

どうしてコンプレックスになるくらい

太っていたのでしょうか??笑

それは消費エネルギーよりも食べ物が好きで

たくさん食べていたからですかね??!笑」

 

 

とにかく私のテコンドーの先生からのアドバイス

テコンドーをやめてウェイトトレーニングに乗り換えた

きっかけになりました。

 

 

中学2年生の少年が

ウェイトトレーニングでセクシーな体作りへ挑戦!

 

 

少年の私は綺麗で格好良いで体を作るために走ったり、

スポーツをしたりするのではなく、

スポーツジムに行ってウェイトトレーニング

しなければならないという考えを持っていました。

それと同時にスポーツジムに通えば

それだけで勝手に格好良い体になるんじゃないかなという

甘い考えを持っていた私・・・

 

 

その理由はテレビに出る格好良い体をした

芸能人のほとんどが

スポーツジムに通っているという話を

していたからだと思います。

だから私もスポーツジムに行って

ウェイトトレーニングをすれば

自然といい体になるんじゃないかなと

考えていたのだと思います。

 

 

今まで一度もやった事がない

ウェイトトレーニングでしたが・・・

ずっとテコンドーをしていたせいか、

ウェイトトレーニングが難しいトレーニングだとは

全く思っていませんでした・・・.

 

 

しかし・・・

現実はそう甘くなかったです・・・

いざ、スポーツジムに行ってトレーニングをしようと思っても

何をどうすればいいのか全然分からなかったです。

 

 

f:id:ohkun7:20170327105818p:plain:w400

 

 

この時私が入会したスポーツジムは

トレーニングマシンの使い方やトレーニングの仕方などの

説明をしてくれるトレーナーが一人もいなかったので

私のようなウェイトトレーニングについてなんの知識も経験も

ない人にとっては、かなり辛いものがありました。

 

 

同じように気合をいれてジムに入会してもやり方がわからずに

心が折れてしまった人は多いのでは?

 

 

韓国でも日本でもこのようなスポーツジムが 一般的だと思います。

もちろんスポーツジムにはトレーナーはいますが

おおまかな流れとしては、

スポーツジムに入会した最初の時だけ

ジムにあるマシーンの使い方を簡単に説明してもらって

そこからは自分で好きなように器具を使って

トレーニングをする。というもの。

 

 

この仕組みは今も昔も大差がないように感じます。

(私がライトブラザーズを立ちあげる前に

勤めていたスポーツジムもそうでした)

 

 

ジムに通えば自然と

いい体になると思っていた私でしたが・・・

その考えは脆くも崩れ去ったのでした。

 

 

通えば自然と身体が変わると思っていたのは、

今までのテコンドーの経験からだと思います。

テコンドーの道場では、

入会すると先生が準備するもの、

これからどんな練習をしていくのかな

どのカリキュラムについて丁寧に優しく説明をしてくれ

トレーニング時間・内容もしっかりと決められており、

先生の授業内容に頑張ってついていけば

どんどんと上達していきました。

 

 

道場に行き、指定された内容を頑張る、

これだけでテコンドーが上達したので

ウェイトトレーニングも同じようにジムに行って、

頑張れば変わる!と考えていたのですが、

実際のスポーツジムでは最初にマシーンの使い方などを

簡単に教えてもらえるものの、

その後は自分で全てを計画してトレーニングを

しなければならなかったのです。

 

 

この違いがスポーツジム初心者の私を悩ませました。

 

 

今では「パーソナルトレーニング」が広まり、

パーソナルトレーナーが増えました。

でも、当時は今みたいにパーソナルトレーナーのように

専属で付いてトレーニングを教えてくれる人がいなかった・・・

教えて貰いたくてもそれが叶わなかったのです。

 

 

ウェイトトレーニングについて知識も経験もなかった私・・・

私の目標の体、

クォンサンウみたいな体になるためには

週何回のトレーニングが必要で

どんなトレーニングをすればいいのかを全く分からずに

ただスポーツジムに行き、

なんとなく目に入ったマシンを使う日々・・・

これでは効果が出るはずもなく・・・

当然効果が出なければ楽しくもなく、

やりがいも全く感じない日々が続きました。

 

 

トレーニングによる体の変化が

全然目に見えなかったので

ジムでのウェイトトレーニングへの魅力が薄れ、

入会当初の

「絶対に格好良い体を作る!」

というモチベーションも下がっていました・・・

私はスポーツジムにトレーニングをしに行くのが目的ではなくなり、

ただ友達とおしゃべりをしに行くようになりました。

 

 

この時のスポーツジムに

ウェイトトレーニングをしに行っていた

私について説明してみると

 

 

1.友達にあってジムに行く

2.友達と一緒にマシンに書いてる説明を見ながらマネしてみる。

3.効果があるかどうかよく分からない

4.効果があるわけがない!それでだんだん楽しくなくなる

5.「まあ~いいか!おしゃべりでもしようか!」

 

 

こういうやる気がないトレーニングが続いて

「友達とおしゃべりをするためテコンドーをやめて

ウェイトトレーニングを始めたのか?」

と自問自答しながら自分の事を

情けないと思う日もありました。

 

 

今当時の事を振り返ってみるとあのときの私が

目標の体になれなかった理由は明白です。

 

 

何をどうすればいいのか全然分からず

教えてくれるトレーナーもおらず

友達とおしゃべりばかりをしていた・・・

 

 

傍からみれば当時の私の体が変わらないのは当然なのに

この時の私は

「毎日トレーニングはしているのになんで体が変わらない!」

という不満でかなりのストレスを感じていました。

 

 

しっかりとウェイトトレーニングについて

調べたりする努力をしなかった

自分について反省せずに

どうしてこのジムはトレーナーがいない!

どうして誰もちゃんと教えてくれない!

どうして、どうしてと環境のせいにして不満を言うだけでした。

 

 

不満ばかりを言いながらも

芸能人みたいな体になりたかった私は

自分なりには努力をしていました。

 

 

ジムに行きランニングマシンの上で

毎日1時間以上歩いた事もありました・・・

トレーニングの回数が足りないのでは?と思い

トレーニングの回数を

週2回から5回に増やして

無理なトレーニングをした事もありました・・・

 

 

有酸素運動をたくさんやっても、

トレーニングの日数を増やしても・・・

当然結果は出てきませんでした。

 

 

スポーツジムに通えば自然と体が変わってくると

甘い考えを持っていた私は

実際にジムに通いトレーニングをしてみて

そんなに現実は甘くないという事を知りました。

トレーニングを楽しむことが出来なくなってきた

私はちょうど高校受験の準備をする時期になり

それを言い訳にジムを退会しました。

 

 

f:id:ohkun7:20170327105814p:plain:w300

 

 

ウェイトトレーニングをして

テレビに出てくる芸能人みたいな

綺麗でカッコイイ体になりたかった私・・・

そのためテコンドーまでやめて

スポーツジムに通い始めた私・・・

でも結局自分の目標の体にはなれなかった私・・・

 

 

私の中学生の時のウェイトトレーニング

ただジムに行って闇雲にトレーニングをするだけでは

体はそんな簡単には絶対変わらないというのを

痛感して終わりました。

 

 

昔のおっくんみたいにダイエット&体作りで悩んでいる方は

横浜、恵比寿パーソナルトレーニングジムライトブラザーズの無料カウンセリングへ

 

http://wb-gym.com

www.complexnakusu.com