ComplexNakusu.com

パーソナルトレーニングなどを通じてコンプレックスをなくす方法公開!

糖尿病のために忙しくてもトレーニングは絶対にやるべき!

スポンサーリンク

f:id:ohkun7:20170606132725j:plain

# 糖尿病のために忙しくてもトレーニングは絶対にやるべき!

 

先月からライトブラザーズ横浜店で2ヶ月集中ボディメイクコースを始めた高血圧の薬を服用中で、さらに糖尿病のため毎朝毎晩1日2回ずつ自分でインシュリン注射を打っている40代男性のお客様。

 

<ある日のセッション>

 

お客様『おとといですが毎朝打ってるインシュリンを忘れたんですよね。。。』

おっくん『え??大丈夫でした。。??』

お客様『それがですね。。医者からは朝打つのを忘れたらその日は打たないようにと言われていたから不安だったんだけど言われた通りやめたんです。それで次の日の朝普段だと絶対に空腹でも200、300まで行ってるはずなのが。。。70で抑えられてたんですよね。。。

 

 

おっくん『すごい!』

お客様『嬉しかったですよ。やはり私は自分の健康のためにもずっとトレーニングと食事管理をしていかないとダメだなと思いました。』

 

最初お客様の体を見せて頂いた時、見た目は筋肉をしっかり持っていてその上に脂肪が付いてしまっているようだったので、8週間頑張れば腹筋までバキバキになれる体だなと思いました。

 

そうです。。。このお客様。。。筋肉をしっかり持ってそうな見た目なのですが。。。

(下の写真をご覧ください。この体だとバキバキな体になるのは正直6週間くらいで十分です。。)

 

f:id:ohkun7:20170606132725j:plain

 

実はお客様の体の中では折角良い筋肉をもってるのにその筋肉たちが自分の役割をちゃんと果たせていない状態だったのです。筋肉があると体の中に入ってくるブドウ糖をうまく消費してくれるのですが、それは定期的に鍛えている時の話で、トレーニングを一切しなかった結果筋肉はしっかりあるのにブドウ糖を消費するという本来の働きが出来ず糖尿病でインシュリンを打ってるというとても勿体ない状態。。。

 

それを反省しながら週2回のトレーニングと食事管理を行っています。

 

お客様の目標

インシュリン注射を打つのをやめる事!』

 

糖尿病なので急に食事管理を無理して行うと逆に低血糖になってしまい危険なので、無理のない食事管理、バランスと薄い味付けを意識しながら食べる事と、トレーニング週1〜2回を習慣化させながら身につけるために頑張っています。

 

今回のお客様の体の中の変化を間近で見ながら私も改めて感じています。

トレーニングとは見た目の変化が全てではなく、体の中でも様々な健康に向かったいい変化が起きるのだと。。。

 

結局ダイエットは食事がメインでしょ。。と思っている方が多いと思いますが、もちろん口に入れるもの(食べ物の調整)も大事ですが、その量は減らす事には限界があるし、偏った食べ物だけで痩せた場合筋肉量もどんどん落ちてしまい結局基礎代謝が下がり、体重は減っても逆に太りやすい体になってしまう恐れがあるので、そうならないためには適度な量はちゃんと食べて、トレーニングで筋肉を鍛えながら身体が食べた分をちゃんと消費してくれるような仕組みを作るのが大事です。

 

では遅くなりましたが今回のお客様のカウンセリング時の情報(なぜパーソナルトレーニングを始めようと決めたのか)を紹介していきたいと思います。

 

お客様の体についての悩み

トレーニングと食事管理をして糖尿病で毎朝打ってるインシュリン注射をやめたい

 

スポーツ&運動歴

スポーツジムに通っていたけど。。。なかなか行けていないし続かないからやめたそうです。

 

ダイエット経験

たくさん歩いて炭水化物を取らないダイエットはした事があったが、続かなかった。

 

目標

体重は60kg代、糖尿病で毎朝打ってるインシュリン注射をやめたい。

健康になりたい。

 

食事習慣

朝ー知り合いに16時間何も食べないのがいいと聞いてそれをやっているので朝は食べてないです。

 

おっくん『え??糖尿病なのに大丈夫ですか??低血糖になると危ないと思いますが。。。』

お客様『それは体の事をちゃんと意識しながらやっているので大丈夫です。』

 

昼ーお弁当、中華

 

間食ー昼ごはんの後毎日チョコを何個か食べます。。。

 

おっくん『え??毎日ですか??』

お客様『笑笑 良くないですね。。やめます。。。笑』

おっくん『ご飯を食べた後血糖値が上がってる状態で、チョコを食べて更に血糖値を上げてしまっている感じですね??』

お客様『そういうことですよね。。。笑』

おっくん『特にチョコだとGI値が上がる数値も高いので、どうしても甘いものが食べたい時はチョコよりGI値が低くて自然な食べ物リンゴ半分くらいがいいと思います。甘い物を全く食べちゃダメというのではなくて、代わりに似たような体に優しいものを摂るようにすれば我慢しなくても体調の管理ができると思うので。。』

お客様『なるほどですね。^^分かりました!』

 

夜ご飯 ー 飲み会が多くて食事はサラダ、フライ、肉くらいですがお酒が多いです。

おっくん『お酒はどのくらいですか??』

お客様『正直に言ったほうがいいですよね?』

おっくん『はい!』

お客様『焼酎、ハイボールで30杯いっちゃいますね。』

おっくん『ええ???!!』

お客様『笑笑 良くないですね??』

おっくん『減らしましょう。。。そして飲んだ後何も食べないですか?』

お客様『それが。。笑 いつもコンビニに寄ってパンかお菓子を買って食べてから寝るんですよね。。。笑 良くないですね。。。』

おっくん『それが何時ですか??』

お客様『夜12時くらいですね。。。』

おっくん『昼ご飯は何時ですか??』

お客様『12時くらいですね。。。』

おっくん『あれ。。。さっき16時間のプチ断食の事をやってる話だったと思いますが。。。??』

お客様『笑 それがそういうことになるんですよね?? すみません。。笑』

  

これで食事管理は朝はそのまま食べないようにして、昼は何も意識しないで食べていたのを炭水化物、動物性タンパク質(肉、魚など)、植物性タンパク質(豆腐、納豆、まめ類)、野菜をうす味を意識しながら食べるように(高血圧のため)、夜も同じバランスでお酒の量だけを減らしていくスタイルでやってみましょう。飲み会後の夜食は勿論やめる事になりました。

 

病気歴

糖尿病、高血圧、肩こり

  

現在も頑張ってトレーニングと食事管理を行っているお客様には今後もきっといい変化が起こると思います。その都度紹介させていただきます!

 

ちなみに、今回のお客様には20歳の娘さん(足が細くなりたい)がいて一緒に家で宿題としてお願いしているトレーニングを行っているみたいですが、お客様から聞かれた質問。。。

『女性って足のトレーニングをすると足が太くなりますか??それを心配していて』

私『大丈夫です!でもトレーニングを始めると最初は太くなった気はしますが、それは身体の変化の一つの流れです。』

 

では次回は女性が足の筋トレをしても太くならない理由を説明させていただきます!

 

トレーニングと食事管理であなたが欲しがっている全てのものが手に入ります!

 


 

⇩CLICKすると無料測定&カウンセリングのご予約ページをご覧いただけます。

f:id:ohkun7:20170530150725j:plain