読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComplexNakusu.com

パーソナルトレーニングなどを通じてコンプレックスをなくす方法公開!

彼女と成田空港周辺のホテルへ『積極的な男−36』

スポンサーリンク

f:id:ohkun7:20170508180619p:plain

# 彼女と成田空港周辺のホテルへ

 

上野のアメ横市場でたこ焼きや、果物を食べ歩きしながら楽しくデートをし、夜ご飯でカツ丼まで食べてお店を出るともう外は真っ暗だった。

 

今日も時間があっという間に過ぎていき速いなと思った。

 

彼女『そろそろ予約してあるホテルに行こうか?』

私『うん。』

 

 

あぁ。。。もう行くんだ。。。ホテル。。。緊張する。。。

 

私たちは駅のコインロッカーに預けてあった彼女の荷物を取り出して成田空港周辺の彼女が予約していたホテルに移動しようと電車に乗った。。。

 

私『どのくらいかかるの?』

彼女『1時間くらい??』

 

そう。。私は電車も全て彼女に任せっきりだった。せっかく日本に来て日本語を早く上達させたいと言っている人がやる事ではないな。。。どうせ私より彼女の方が詳しいだろうと思い彼女に何でも頼っていた私。。。

 

成田空港まで近くはなかったが、私たちは運良く座席に座れたので楽に行く事ができた。

電車の中、今日も十分過ぎるほどたくさん話をしたけれど、まだ話をしている私たち。

 

彼女『あ〜今日も楽しかった^^』

私『うん^^もうお腹いっぱいだよ。笑 Mも結構食べるよね。』

彼女『笑。今日は結構食べたかな?? 笑』

私『そうだよ〜笑』

 

私は話しながら彼女からもらったアイポットを取り出した。

私『これさ〜本当に助かってるんだよね〜^^』

彼女『笑 ちゃんと使ってくれてありがとう^^』

私『いゃいゃ。。私が有難うって言う方でしょ!』

彼女『音楽はいれた?』

私『音楽も少し入れたけど、やっぱりメインは日本語勉強だからほとんど日本語教材のファイルだよ。』

彼女『日本語教材??』

私『うん。聞いてみる?』

私たちはイアフォンを片方ずつ耳につけて聴き始めた。

 

彼女が聴いてる日本語教材のファイルの内容

のむら『はじめまして、ABCののむらです。どうぞよろしく。』

マイケル『はじめまして、FDのマイケルです。どうぞよろしく。』

のむら『どうぞこちらへ。』

マイケル『はい。』

のむら『マイケルさん、おくにはどちらですか。』

マイケル『アメリカです。』

のむら『そうですか。』

 

私『どう?』

彼女『笑 面白い』

私『??面白い?面白い内容じゃないんだけど??』

彼女『うん。笑 おっくんがこれを聴きながら勉強しているのを想像すると面白い笑』

私『笑 私必死で聴きながら真似しているんだからね 笑 ちょっとやってみようか?』

彼女『??』

私『はじめまして、西葛西のオです。どうぞよろしく。』

彼女『はじめまして、品川のMです。どうぞよろしく。』

なんでも自然に合わせてくれる彼女だった。。。笑

私『どうぞこちらへ。』

彼女『はい。』

私『Mさん、おくにはどちらですか?』

彼女『韓国です。』

私『そうですか。』

彼女『笑』

私『笑 もう完璧だ。これは絶対話せる!笑』

 

また楽しくなってきた私は彼女に自分のアイポットに入っている韓国にいる時からずっと好きだった歌も聴かせたくなった。

 

私『韓国にいる時にずっと好きだった音楽も入ってるんだけど聴いてみる?』

彼女『うん^^』

 

歌手:YOZOH、タイトル: ジョアへ(好き)


요조&김진표_좋아해

 

(歌詞の内容を説明すると恋人同士の別れの歌で別れた後お互いに相手の事を忘れられなくて恋しがっているというもの。)

 

歌詞

 

ジョンマル  ジョア

정말                 좋아해

本当に好き

 

ノム ダルジ アヌン  ラテ

너무   달지   않은   라떼

甘すぎないラテ

 

ビゲン  ゴリロ  ガビョッケ  ナソヌン  サンチェク

  비갠    거리로  가볍게            나서는       산책

雨が止んだ後軽く出る散歩

 

ミョッボンイナ  ボン  ロマンチックコメディ  トボギ

     몇번이나         본            로맨틱 코메디          또 보기

なんども見たロマンチックコメディをまた見る事

 

ジョンマル  ジョア

정말               좋아해 

本当に好き

 

チャガウン  ロクチャ  マッ  アイスクリーム

차가운             녹차          맛       아이스크림

冷たい緑茶味のアイスクリーム

 

ムンドゥク  トナヌン  ハルチャリ  チャルブン  ヨヘン

문득               떠나는       하루짜리        짧은             여행

ふと行く一泊の短い旅行

 

ヘサル  ジョウンナル  ムシンコ  ドォロソン  ミスルグァン

햇살       좋은 날              무심코        들어선              미술관  

陽ざしがいい日ひょいと入る美術館

 

グリゴ   ノヘ   ギョッ

그리고     너의     곁

そしてあなたの側

 

オトッケ  ジネルカ  ジョンシンオブシ  サルダガド

어떻게         지낼까       정신없이                  살다가도

どうやって生きているのか忙しく生活をしながらも

 

ゴジッマルチョロム  マク  ボゴシプゴグレ

거짓말처럼                   막      보고싶고 그래

まるで嘘みたいに会いたくなったりする

 

ノヘ  ギョテソ  ハルガ  チャム   チャルバソンヌンデ

너의    곁에서      하루가       참       짧았었는데 

あなたの側で1日が本当に短かったのだけれど

 

ギオクハニ

기억하니

覚えてる?

 

オンゼナ  ドゥルイドン

언제나         둘이던

いつもふたりだったじゃん。

 

グリウン シガンドル  ドラガゴ  シプンハンテ

그리운         시간들         돌아가고    싶은     한때

懐かしいその時に戻りたいその時

 

トゥオリダ  ボミョン  オヌセ   ウッゴンヘ

떠올리다         보면          어느새    웃곤해

思い出してみるといつの間にか笑顔になっている私

 

ジョウン イドォルマン  ノヘギョテ ガドォクハギル  バラルケ

좋은          일들만              너의 곁에       가득하기를           바랄께

いい事だけがあなたの側にあるように祈るよ

 

ヨジョンヒ  ノル  ジョア

여전히            널      좋아해

相変わらずあなたが好き

 

ジョンマル  ミアンヘ  ノル  ジキョジュジ  モテ

정말               미안해      너를    지켜주지          못해

本当にごめん。あなたを守ってあげられなくて

 

クゥッガジ  ノル  サランヘジュジド  モテ

끝까지            널      사랑해주지도           못해

最後まで愛してあげられなくて

 

チャム  ミアンヘ  ネマム  ナド  モルゲッソ

참            미안해      내 맘     나도    모르겠어

本当にごめん私も自分の心が良くわからない。

 

イジェ  コゥッナンゴンデ  デチェ  ウェ  アジクド ネ  ガスム

이제          끝난건데                대체        왜     아직도     내   가슴

あなたとの関係はもう終わったのになぜ私の心の中には

 

イアネ  ノガ   ガドゥクハンデ

이안에     너가    가득한데

あなたがまだキッチリ残っている。。

 

ハジマン  ナン  ダシ  ドラガヌン  ゴスン  アンデ

하지만         난      다시    돌아가는       것은      안돼

でもまたあなたに戻っていくのはダメ

 

ノル  ピハネ   グゥゲ  ジンシムン  アニンデ  ノル  ピハネ

널        피하네     그게       진심은        아닌데        널     피하네

だからあなたを避けている。これが本心ではないけれどあなたをさける。

 

ミアンヘ  グレ  ナ   アジク  ノルゥル  ジョア

미안해        그래   나     아직        너를        좋아해

ごめん。私まだあなたの事が好き

 

オトッケ  ジネルカ  ジョンシンオブシ   サルダガド

어떻게        지낼까        정신없이                  살다가도

どうやって生きているのか忙しく生活をしながらも

 

ゴジッマルチョロム  マク   ボゴシプゴグレ

거짓말처럼                    막        보고싶고 그래

まるで嘘みたいに会いたくなったりする

 

ノヘ  ギョテソ  ハルガ  チャム   チャルバソンヌンデ

너의     곁에서      하루가      참       짧았었는데 

あなたの側で1日が本当に短かったのだけれど

 

ギオクハニ

기억하니

覚えてる?

 

オンゼナ  ドゥルイドン

언제나         둘이던

いつもふたりだったじゃん。

 

グリウン  ジガンドル     ドラガゴ   シプン  ハンテ

그리운          시간들             돌아가고     싶은     한때

懐かしいその時に戻りたいその時

 

トゥオリダ  ボミョン  オヌセ  ウッゴンヘ

떠올리다          보면         어느새    웃곤해

思い出してみるといつの間にか笑顔になっている私

 

ジョウン  イドォルマン  ノヘ  ギョテ  ガドォクハギル  バラルケ

좋은            일들만             너의     곁에    가득하기를           바랄께

いい事だけがあなたの側にあるように祈るよ

 

ヨジョンヒ  ノル  ジョア

여전히            널      좋아해

相変わらずあなたが好き

 

ハンチャミ  ジナド   ビョンハジ  アンヌン  ゴジ  インナバ

한참이           지나도        변하지         않는        것이     있나봐

時間が経っても変わらないものあるかも

 

ハムケハン   シガンドゥリ  ジャク  センガクナ

함께한              시간들이           자꾸       생각나

一緒に過ごしていた時がずっと思い出される

 

ニガ  アルドン  ナヌン  ヨジョンヒ  ヨギ  インナバ

니가     알던          나는       여전히        여기     있나봐

あなたが知っていた私は相変わらずここにいる

 

ノヘ  モクソリ  ナル  フンドゥロ   ノンナバ

너의   목소리        날         흔들어         놓나봐

あなたの声が私の心を揺らしている

 

ジャクマン  コ   クゥッチ   チンヘオ  ノルゥル  ギダリナバ

자꾸만           코     끝이           찡해오네     너를        기다리나봐

鼻先がジーンと熱くなる、私あなたを待っているかも

 

アマド  グテブト  ゲソクヘ

아마도     그때부터    계속해

たぶんその時からずっと

 

ノガ  ドルアオギルゥル  ギダリナバ

너가     돌아오길               기다리나봐

あなたが戻ってくるように待っているかも

 

オトッケ  ジネルカ  ジョンシンオブシ  サルダガド

어떻게        지낼까        정신없이                 살다가도

どうやって生きてるのか忙しく生活をしながらも

 

ゴジッマルチョロム  マク  ボゴシプゴグレ

거짓말처럼                    막      보고싶고 그래

まるで嘘みたいに会いたくなったりする

 

ノヘ  ギョテソ  ハルガ  チャム  チャルバソンヌンデ

너의    곁에서       하루가      참       짧았었는데 

あなたの側で1日が本当に短かったのだけれど

 

ギオクハニ

기억하니

覚えてる?

 

グリウン  シガンドル  ドラガゴ  シプン  ハンテ

그리운          시간들         돌아가고   싶은      한때

懐かしいその時に戻りたいその時

 

トゥオリダ  ボミョン  オヌセ   ウッゴンヘ

떠올리다         보면          어느새   웃곤해

思い出してみるといつの間にか笑顔になっている私

 

ジョウン  イドォルマン  ノヘ  ギョテ  ガドォクハギル  バラルケ

좋은           일들만              너의    곁에     가득하기를           바랄께

いい事だけがあなたの側にあるように祈るよ

 

ヨジョンヒ  ノル  ジョア

여전히            널     좋아해

相変わらずあなたが好き

 

これは別れた恋人同士がお互いに恋しがってる内容の歌。笑

今付き合ってる私たちにとってはあまり合わない内容というか。。。

 

もちろん私はこの歌の内容ではなくメロディーが気に入って好きになったのだけれど、自分が彼女との別れを考えているこの時期に聴くとなんだか歌詞の内容が心に強く響いてきた。

 

一緒にいると一日があっという間だった。とか

私も自分の気持ちが良く分からない。とか

 

韓国語が分かる彼女がこの歌詞の内容を100%理解したかどうかはわからないけど。。。もし全て理解していたならなんだか悪い事をしたと思った私。。

 

私『どう?この歌知ってる?』

彼女『初めて聞いた』

私『どう?』

彼女『可愛い』

私『私?』

彼女『笑 違うよ。歌が』

私『冗談冗談』

 

こんな面白くもない冗談にも笑ってくれる彼女。

 歌のタイトルのように私は今彼女の事が好き『好き。。。』 

でも好きな相手なのになんで私は彼女との別れをずっと考えているのだろう。。。

一体なぜ。。

 

私『これ内容全部分かった?』

彼女『うん。なんとなく』

 

自分の気持ちがバレるのではないかと心配になり話題を日本語に変えた。

 

私は『羨ましい。。。韓国語の歌まで理解できるんだね?!』と言いながら自分の日本語能力が彼女ぐらいのレベルだったら別れなんて考える事もなかったのかな。。と一人で思っていた。。すると彼女が

 

彼女『次降りるよ。』

私『わかった。』

 

1時間もあった電車移動の時間が彼女といると楽しい話であっという間だった。

 

彼女『ここからホテルのバスに乗ってホテルにいくんだけど。。。』

私『あ。。そう』

バスに乗ったらもうホテル。。。あぁ。。。またドキドキしてきた私の胸。。。

彼女『でもちょっと待って。お腹すいてない?』

私『え??また??』

 

今日はどうしたのかめちゃくちゃ食べる彼女。笑

 

私『そう?じゃ〜なんか食べようか?』

彼女『うん。お店に入って簡単に食べてから行こう』

 

そしてお店に入ったらすぐ生ビールを注文する彼女。。

またビールかよ?!と思っていたら

 

彼女『おっくんは?』

私『私も一杯飲もうか??』

この当時私はお酒があまり好きではなかったが『ホテル』の事を考えると緊張して来たので私も飲む事にした。

 

簡単に料理を頼んで私が一杯のお酒を飲む間に、生ビールを4杯も飲んでしまう彼女。。。

 

なにこの人??もしかしたら彼女も緊張しているの??と思っていると

 

彼女『あ〜お腹いっぱい〜!満足満足^^』

 私『すごいね〜笑』

彼女『じゃ〜そろそろホテルに行こうか??』

 私『い。。行く?? 分かった。。。』ドキドキ

 

これから私と彼女は一緒にホテルに行くんだ。。。

 

 

www.complexnakusu.com