ComplexNakusu.com

パーソナルトレーニングなどを通じてコンプレックスをなくす方法公開!

外国人はどうやって日本語を勉強しているのか??!『積極的な男−78』

スポンサーリンク

f:id:ohkun7:20170619230109p:plain

# 外国人はどうやって日本語を勉強しているのか??!

 

もう今学期もあと2週間程で終わる。。。

 

ではひらがな、カタカナしか知らなかったおっくんが日本に来て日本語学校に通いながら今学期勉強した内容はどのようなものか紹介していきましょう。

 

日本人なら意識せずに普段使っている日本語を、外国人が話せるようになるために日本語学校の初級レベルでは2〜3ヶ月間どのような勉強をしているのか。

 

 

子供の時に外国語を勉強するのと、大人になってから外国語の勉強をするのとでは、勉強の仕方が違います。子供の時は外国語を勉強する時聞いた会話をそのままの言葉で理解します。大人になってからの勉強は少し複雑になります。会話を聞いたらまず自国語で訳し、表現したい言葉を日本語に置き変えるという手順を踏む事が必要です。その為何はともあれ勉強している外国語の深い理解が必要になります。

 

⒈ 〜です。〜ではありません。

私はオです。私はオではありません。

基本ですね。〜です、〜ではありませんを覚えた上で前に来る名詞となる単語を付け加え、組み合わせて練習します。

例えば

りんごです。りんごではありません。

靴です。靴ではありません。

 

⒉ 〜でした。ではありませんでした。

「です。ではありません」という過去形も同じように名詞を入れながら練習をしました。

例えば曜日を一緒に覚えながら

昨日は火曜日でした。

昨日は水曜日ではありませんでした。

 

⒊ 数字

1から10まで覚えて。。。

ひゃく、にひゃく、さんびゃく。。。。なんで全部「ひゃく」なのに、「さん」と「ろく」と「はち」は「びゃく」になるのか???全部「ひゃく」にしてくれれば外国人にとっては覚えやすいのにと思いながらも覚えるしかないですね。。笑

日本人なら「さんひゃく」だと違和感を感じるのでしょうが、外国人にとっては違和感よりも覚えやすい方が助かります。。。笑

 

⒋ 形容詞

たかい(後ろにつき終わるのがい形容詞) → たかくない(否定形)

たかかったです(過去形) → たかくなかったです(過去否定形)

ひまです(ひま、簡単とかのな形容詞) → ひまではありません

ひまでした → ひまではありませんでした

 

い形容詞は「い」がなくなって「くない」にかわるなど形容詞を変えながら練習します。

いそがしい → いそがしくない → いそがしかったです → いそがしくなかったです

な形容詞も一緒ですね。

きれい(これは後ろに「い」がありますが名詞の前に来る時例えば「きれいな建物」、「な」でつながるので、な形容詞ですね)

きれい → きれいではない → きれいでした → きれいではありませんでした

 

上のようにとりあえず「い形容詞」と「な形容詞」を区別して覚えた上で変換した形を頭の中で練習します。それを繰り返し何度も練習することで自然に慣れていきます。

 

ですがこの形容詞の規則をしっかり覚えていても稀に間違ってしまう事があります。

外国人がたまに「すごかったです」ではなく「すごいでした」と話すのを聞いた事がある方もいるかもしれません。それは上記のように勉強をしてる為たまに間違った文章で覚えてしまう事があるのです。。そんな文法の間違いを耳にしたら優しく教えてあげてください。。笑

何度も言いますが、日本語初級レベルの外国人に文法の違和感は分かりませんので!

 

⒌ 動詞

外国人が日本語を勉強する時。。。動詞からが本番だという話もあります。

ここから先はさらに本格的に頭を使わないといけませんね。

日本人が普段使っている動詞の表現を使う為に、外国人はたくさんの量の動詞を覚えて、それが「1段動詞」か「5段動詞」か「特別動詞」かを把握し、そのあと更に変更の形まで覚えなければならないので結構時間がかかります。

 

では「1段動詞」と「5段動詞」は何が違うのか??

「食べる、見る」などの「ます形」に変わる時うしろの「る」だけがなくなるのが「1段動詞」です

。例えば「食べる」は「食べます」、「見る」は「見ます」になります。

「飲む、住む、書く」など「ます形」に変わるとき一番うしろの単語が「い」の形に変わるのが「5段動詞」になります。

「特別動詞」は「する、くる」の2つです。

 

ます ません

ました ませんでした

 

1段動詞 食べます 食べません 食べました 食べませんでした

後ろの「る」だけ消してつけてしまえばオッケーですね。

5段動詞 飲みます 飲みません 飲みました 飲みませんでした

 

 

⒍ 日にち&時間

ついたち、ふつか、みっか、よっか。。。など

これも折角覚えた数字の「いち、に、さん、し、ご」プラス「にち」にしてくれると覚えやすいのに。。。と思いながら覚えていました。。笑

 

⒎ 1段動詞&5段動詞&特別動詞の動詞変更

⒏ 動詞ます形 + 〜にいきます

 

1段動詞「食べる」最後の「る」をなくして「食べに行きます」

5段動詞「飲む」最後の文字が「い」に変更されて「飲みに行きます」

 

⒐ います&ありますの違い

韓国語の場合人も物も全て同じ表現ですが、日本語は人だと「います」、物だと「あります」という表現になる。。。たまに「〇〇さんがそこにあります」などと言ってる外国人がいたら、その人にも優しく教えてあげてください。。。笑

 

10.動詞 + たいです、たくないです、たかったです、たくなかったです

11.動詞のて形 + ください

12.動詞のて形 + てもいいですか?

13.動詞のて形 + います

 

10〜13番見るととりあえず動詞を覚えてそれを1段動詞か、5段動詞に分けて、その動詞によっての変更形を覚え、自分のものになるまでひたすら繰り返し練習するしかありません。

 

日本人であれば普段会話をする際、特に意識して日本語を使っている訳ではありませんよね?ですが外国人が日本語で会話をする為にはこんなに沢山の文法や単語を勉強をしているんだと思うといかがでしょうか??

 

上記の内容を初級レベルの時に基礎から学ぶので、ちゃんと勉強して100%自分のものにすればなんとなくは会話が出来るようになりますが。。。その基礎の部分が簡単ではなかったですね。。。笑

やっぱり。。。ある程度時間はかかるものです。。。

これを何度も何度も繰り返して覚えていくと、最初は頑張って頭を使って変換していた言葉がそのうちあまり頭を使わなくても自然と出てくるようになります。

 

私は日本で1年3ヶ月間留学生として勉強していたので、全部で5学期を通っていましたが、各学期が終わる度にどんな勉強をしてきたのか内容をまとめて載せていきたいと思います!

 

おっくんの恋愛の話だけではなく日本語が上手くなっていく流れも楽しみにしていてください!

 

 

www.complexnakusu.com