読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComplexNakusu.com

パーソナルトレーニングなどを通じてコンプレックスをなくす方法公開!

韓国人男が帰りの銀座線でばったり会った人は誰?『積極的な男ー19』

スポンサーリンク

f:id:ohkun7:20170420083610p:plain

# 韓国人男が帰りの銀座線でばったり会った人は誰?

 

帰りの電車の中で彼女からもらったアイポッドを見ながら一人で喜んでいた私。。。

 

その時だった

『ジョギヨ』(ジョギヨは韓国語で人に話しかける時「すみません」という意味)

 

え??私?? なに韓国語??

 

『おっくん?!』

 

日本に私を知ってる人なんていないはずなのに誰??と思い振り返ると、なんと私の高校時代の友人(男)だった。

 

この友人について説明すると、高校1年生の時のクラスメイトで席もすぐ隣だった。親友までとは言わないが一緒に買い物へ行ったり、彼の家に遊びに行ったりもした事がある仲の良い友達だった。そしてこの友達は中国の大学に進学をした為、高校を卒業してからは一度も会うことがなかった。そんな彼とこんな偶然に日本で会う事があるなんて。。。

 

私が韓国を立つ前に地元の友人たちと別れの挨拶をした時この友達の話が出た。

(この友人を以下「J」と呼びます。) 

 

地元の友人たち『Jも今日本にいるらしいよ。中国で大学を卒業して日本に行って日本語も勉強して韓国語、中国語、日本語がペラペラなんだって。日本で貿易の会社で仕事をしているらしいから、会えるんじゃない?』という内容だったけど、まさか本当に日本で、しかも初日にたまたま乗ったこの電車で会うなんてありえない!

 

私『えぇー??! まじで?? Jなのか??! めっちゃ久しぶりじゃん!^^』

J『おっくんかな?と思ってずっと見てたけど、本当におっくんだったね〜!なんで日本にいるの???』

 

シュッとしたスーツをカッコよく着こなしているJ。

 

韓国でJについて3か国語がペラペラだという話を聞いていたからか、本当に久しぶりに会ったJがよりカッコよく見えた。

 

私『私、今日日本に来たんだよ。』

J『今日??』

私『うん。留学で。』

 

5、6年ぶりに会った懐かしい友達と色々話していたら

『次は日本橋日本橋。。。。』とアナウンスが流れた。

 日本橋で降りなければならない私。。。

 

私 『私、次で降りなきゃ』

J 『じゃ、私も一緒に降りるからちょっと話そうか? 久しぶりだし。時間大丈夫??』

私 『うん。Jは大丈夫なの??』

J 『もちろん』

 

そして私たちは日本橋で降りてすぐの自動販売機で飲み物を買って、飲みながら話し続けた。

 

私『J!めっちゃカッコいいじゃん!完全に日本人になってるね 笑』

J『笑  おっくんはなんの留学??』

私『言葉だよー日本語!』

J『演技の勉強してたじゃん?』

(高校生の時から私が俳優をめざして勉強していた事をよく知っているJ)

私『。。。やめた。日本に来る前に。』

 

正直言ってこの時私は、日本で久しぶりに友達に会えて嬉しかったが、カッコいいスーツ姿で完璧な社会人になっているJをみて、今の自分について話すのが恥ずかしかった。友達はこんなに素敵なのに。。。

 

J 『時間あったら週末どう? 久しぶりだし!ゆっくり話そうよ!』

私 『いいよ!』

J 『日本の電話持ってる?』

私 『持ってる。』

 

私たちは電話番号を交換した。

 

Jとまた会う約束をし、急いで電車の乗り換えに向かった。

電車に間に合うかドキドキしていたけど間に合ってよかった。

 

なんとか乗り換えができてホッとした私。。。

空いてる帰りの電車でまた色々な事を考え始めた私。

 

『あいつカッコよかったな。。すごいな。。。あの頃は同じ高校に通っていた高校生だったのに今やJは中国語、日本語、韓国語を自由に使いこなして国際的に仕事で活躍している。。。でも私は。。いや。。恥ずかしいな。。。』

 

友人と自分の状況を比べながら。。。落ち込んだというか今までの自分の人生についてもう一度振り替えり反省をした。しかも今日なんて日本に来た途端、在日韓国人の彼女に会ってずっと韓国語で話ていた。そのことに罪悪感を感じ。。この偶然の再会を果たした素敵な旧友に会って、さらにその罪悪感を2倍3倍に強く感じている私。。。

 

自分自身の反省会をしていると、もう西葛西だ。

西葛西駅で降りて寮まで歩いて帰りながら東京の夜空を見た。

昨日はソウルの夜空、今日は東京の夜空。。。

心が落ち着かない時、頑張ってる時、夜空を見る習慣がある私は二日連続で夜空を見てる。。

私に平和はいつ訪れるのか 笑

 

日本に来た初日からなんだか忙しかった。。

彼女と初めて会って楽しい時間を過ごして、寮に帰る途中に偶然にも会った高校時代の友達と話して。。。

 

気持ちは色々と複雑だけど、また気持ちを立て直して現実と向き合いながら頑張ろうと思った一日だった。

 

そうだ。。。現実。。。寮に帰ってきた私の目の前にある現実。。。それは。。。

寮の部屋の荷物を全く片付けていない為足の踏み場がない状態だという事。でも今日はかなり疲れているので早くシャワーを浴びて寝たい気持ちでいっぱいなのが今の私の現状だ 笑。

かなり疲れている私はとりあえず荷物は明日片付ける事にして一刻も早く寝ようとした。。

 

韓国から持ってきたカバンの中からシャンプー、石鹸、ボディシャンプー、ボディータオルをなんとか引っ張り出してシャワールームがある2階へ行った。

 

シャワールームに入った私。。。

『せまっ!これ狭くて動けないな』とシャワーを浴びながら文句を言ってる私。。

そんな自分に『文句ばかり言うな!はやく慣れろ!文句ばかり言うなら国へ帰れ!』と言った 笑

 

今はこんな事で文句言っている場合じゃないだろう!と思った私。。

自分にめちゃくちゃ厳しくなっていた私だった。。

 

自分に怒られて考え方が急激に変わった!

 

『あ〜気持ちいいい!暖かいシャワーが浴びられるなんて、とても幸せな事だ!寝る部屋もあるし、勉強も出来るし。。。』

 

こうやって自分を洗脳していたけど、正直言って不便は不便だった。笑

 

桶にシャンプー、ボディシャンプー、石鹸、シャワータオルを入れて、着替えとバスタオルを持って2階のシャワールームまで行かなければシャワーが浴びれないとうのがとにかく不便だ。。。

韓国で軍人生活の経験があるからこんな不便さには慣れていたけど、例えば、タオルを持ち忘れてしまったら、また階段を上って取に戻らなければならない。。。笑

 

自己暗示の効果もあり、気持ち良くシャワーを浴びて部屋に戻った私。。。

 

さあ寝ようとした時、ふと思い出したのは。。。

『そうだ!布団を持ってきてないじゃん。。。』

どこで寝ようかと思いながら。。。

ベッドを見たら。。マットレスが汚れていて、ベッドカバーを敷かないとあそこでは寝たくないなと思うような状態だった。

考えた結果。。今日は気温もそんなに低くはないし床で寝ようと思い、何も敷いていない硬く冷たい床で寝始めた私。

 

そして。。。横になった途端すぐ夢の中に。。。

 

何時間くらいたったのか。。。

びっくりして目がさめた。。。

 

なんでびっくり??

 

めちゃくちゃ寒くて目が覚めた私。。。

日本の10月の気温を。。。いや。。日本の家の作りをよく知らなかった私は。。。

韓国と一緒だと思っていた。。。

(韓国の家は普通どの家も床暖房が入っているので日本も同じだと思っていた私。) 

 

それなのに何も敷か掛けずで床で寝ていた為本当に寒くて、死ぬんじゃないかと思った。

 

何か掛ける物をと思い、カバンの中から持ってきた洋服を全部出している私。。。

そしてベッドのマットレスが汚いと床で寝ていた私だが、そんな事言ってられないと思いすぐベッドの上に移動した。笑。

 

そしてリモコン。。。エアコンのリモコンを探して急いで暖房をつけた。

 

やっぱり油断は禁止だ。

まだ10月だし日本は韓国より寒くないと甘くみていた私。

 

日本の10月の室内の寒さにびっくりした私は暖房を『強』にしてまた寝た。。。

 

暖房を『強』に設定して寝てしまった為か。。。

朝なのにまだ夢の中でボヤボヤしている私。。。

 

その時だった。。。

 

『トントントン』

 

『トントントン』

 

『トントントン』

 

なにかの音に気がついた。

 

なになになに???

 

なんの音??

 

私の部屋を誰かがノックしてる。。。??!

 

え?? だれだれ??

 

びっくりして目が覚めた私。。。

 

『ええ??今何時。。??え??だれ??』

 

今度はだれ??

 

『トントントン』

 

 

www.complexnakusu.com

 

 

www.complexnakusu.com