読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ComplexNakusu.com

パーソナルトレーニングなどを通じてコンプレックスをなくす方法公開!

韓国人男、在日彼女に会いに銀座へ『積極的な男−15』

スポンサーリンク

f:id:ohkun7:20170417094413p:plain

# 韓国人男、在日彼女に会いに銀座へ

 

しとしと雨が降っている10月の日本の夜。。。

 

羽田空港に着いた時は湿気で少し息苦しかったのに、夜になるとまだ少し湿気はあるが丁度いい気温になっていた。

 

日本に来て初日から一人で出かけている私。

外を歩きながら周りを見ると、全てが日本語だ。。

『日本か、日本に来たのか。。』と思った。

 

傘を持っていなかった私はとりあえず傘を買いにコンビニに寄った。

 

韓国では傘なんて普通に買えたのに、日本で傘を買おうとするとなんだか緊張する。。

 

私にとっては全てが初めての事に感じる。。。

 

タクシーに乗るのも、コンビニに行って傘を買うのも、電車に乗るのも言葉が変わるだけでこんなに感じ方が違うんだ。言葉って大事だなと思った。

 

コンビニに入って傘を1個選んでレジに行って会計をする。

ここまでは韓国と一緒だけど店員さんが使う言葉は全然違う。。。

 

そしてまた私に色んな質問をしてくるコンビニの店員さん。。。

 

何を言っているのか全然分からない。

 

こんな時は?笑顔でごまかそう!^^

(たぶん今思い出してみるとポイントカードお持ちですか?などを聞いてたのではないかなと思います)

傘一個買うのも色々聞かれて大変だなと思った笑

 

早く会計を終わらせて出て行きたいと思った。

でも私には一つ聞かなければならない事があった。

私は西葛西駅がどこにあるのか分からない。。だから聞かなければ。。

 

『駅はどこですか??』これは日本語の本で勉強して覚えていた。

 

そして勇気を振り絞って店員さんに聞いた。

『駅はどこですか?』

 

まさかまた通じないのか??と思っていたら

西葛西駅ですか?葛西駅ですか??』

『は。。。はい??』

西葛西駅ですか??』

『は。。はい。。。』

『出て右に曲がってまっすぐ行くと西葛西駅があります。』

『は。。はい??』

 

教えてもらっても、理解出来ないのになんで聞いたんだろう??笑

 

私が日本語を全然話せない外国人というのに気づいた店員さんが、親切に私を連れて外に出てボディランゲージで教えてくれた。

 

『ありがとうございます。』

 

そのコンビニの店員さんの優しいさに感動。

 

そしてもう一個、『駅はどこですか?』この自分が言った日本語が日本人に通じたという事にも感動した。

 

『通じた!通じたよ!もうこの『どこですか』の日本語は完璧だ!どんどん使おう!』

 

コンビニの店員さんの説明どおり、駅までまっすぐ歩いていた私。

しばらく歩いても駅が見えて来なくて『ちゃんと向かっているのかな』と疑問に思っていたが、私にはもうさっきまでの不安や緊張はなかった。なぜなら、こう思っていたから。。。

 

『また聞けばいいでしょう!もう私の日本語通じるから!』

 

そして傘をさしながら歩いている日本人に声をかけた。

 

『すみません』

『はい』

西葛西駅はどこですか?』

『あの信号を右に曲がると西葛西駅ですよ。』

『は。。はい??』

 

また質問だけで答えは全く理解できない私だった。

私が外国人というのに気付いた親切な日本人はまたボディランゲージで優しく教えてくれた。

 

『ありがとうございます。』

 

教えてもらった通り、まっすぐ行って右に曲がったら西葛西駅が見えてきた。

『よし!西葛西駅まで来たぞ!』

 

次は切符を買おう!

 

これは昔日本に旅行できた時の経験があるので問題ないと思っていたけど、やはり油断は禁物か、『いや。。。何を買えばいいのか分からない。。』

 

そこで韓国から持ってきた電車路線表を出して、切符を買う機械の上に大きく貼ってある電車路線を比べてみた。

 

それでやっと銀座までの切符が買えた。

 

では次は日本橋で乗り換えなければならないから。。。

方面を間違えないように何度も確認をして電車に乗った。

 

電車に乗って扉の上にある路線表をもう一回確認。日本橋方面の電車なのか。。

日本橋。。日本橋。。あ。。あったあったあった。。大丈夫だ』

 

昔旅行で日本にきたときに電車に乗った懐かし思い出が蘇ってきた。

『そうだよ。。こうだったよな。。。』

 

しかし、そんな昔の思い出など振り返っている余裕もなく、日本語でアナウンスされる案内放送に集中しないとと思った。。。

 

旅行で来た時は日本語が理解できないのは当たり前だと思っていたけれどこれからは違う。全部理解できるようにならなきゃと思った。

 

日本語でアナウンスが流れても理解は出来ないけれど、一つ一つの単語をすべて聞き取ってみようとした。。

 

まるで聞き取りテストを受けている学生みたいに。。

 

一つ一つ集中して聞いていたら突然一つの言葉が耳に入ってきた。

『まもなく日本橋日本橋

 

あ!次が日本橋だ!降りよう!

 

日本橋で降りて乗り換えなければならなかったので『銀座』という文字を一生懸命探した。

 

『一本で銀座まで行ければいいのに。。。』

 

乗り換えはちゃんと案内表示されていて、日本語が全然わからない私にとってもそんなに難しくなかった。

 

いよいよ約束の場所!銀座駅に到着!

 

オッケー銀座までちゃんと来たぞ!

 

銀座のどこかのデパートの前で会う約束だったと思うけど、どのデパートの前だったのか覚えてない私。。。

 

とりあえず外に出てみようと思い駅から外に出ると、いつの間にか雨が止んでいた。外に出た私は銀座の風景をみて、また友人たちと日本旅行で銀座に来た時を思い出した。

 

『いや。。。変わってないんだな。。。懐かしい。。まさか私がここにまた来るなんて。。。』

 

駅から出て来た私はどこで待っていればいいのか分からず、彼女に電話をしようとした。(日本に来る前にメールで彼女の電話番号を教えて貰った。)

 

でも電話をしようとした瞬間。。。

急に思った。。。これ。。私韓国語で話してもいいよね??

 

日本語が話せないくせに、なんでこんな事を思ったのか分からないけど、ここは日本だし日本語で話さないとダメなのではないかという気持ちになっていた。。。

 

今までメールだけで連絡を取り合っていた私と彼女。。

『あ。。。はじめて彼女の声を聞くんだ』と思ったら余計に緊張する。。。

 

ドキドキ。。。ドキドキ。。。

 

電話番号を押して電話をかけた。。。

(電話をかけてる音。。。)

緊張するわ。。。なんでこんなに緊張するんだよ。。??!

 

その瞬間彼女が電話にでた。

『もしもし』

 

え?? もしもし?? 私ももしもしと言ったほうがいいの??

 

どうしよう。。。なんか私も『もしもし』と言わないとダメな雰囲気 笑

 

しかしその『もしもし』を無視して韓国語で『ヨボセヨ』と言った

(日本語のもしもしは韓国語でヨボセヨです。)

 

そしたら彼女が

『ヨボセヨ。今私電車で次で降りるから降りたら電話する』

 

活発でイキイキしている彼女の声。

 

そしてめちゃくちゃ上手な韓国語だった。。

 

  

www.complexnakusu.com

 

 

www.complexnakusu.com