ComplexNakusu.com

パーソナルトレーニングなどを通じてコンプレックスをなくす方法公開!

韓国人男、いよいよ日本へ出発『積極的な男−12』

スポンサーリンク

f:id:ohkun7:20170414092123p:plain

# 韓国人男、いよいよ日本へ出発

 

今日はいよいよ日本への出発の日だ!

旅行で行った時の気持ちとはなんか違う。。。

 

 

旅行で行った時は、楽しみだったのが、今は悲壮感漂う感じだ。

見えない私の心を読める人がいたら、やる気満々すぎて引いちゃうかもしれない笑

 

両親が空港まで送ってくれた。

 

軍隊に入隊にする時も両親が送ってくれたけど、その時とは気持ちが全然違う。軍隊に行く時は、ご飯も食べられないくらい最悪な気持ちだった。笑

 

日本留学を決めた時をもう一度思い返してみると。。。

 

この時は自分の事しか考えてなかったけど、今考えてみると私の両親はどんな心境だったんだろうと思う。。

 

たった一人しかいない自分の息子が全然就職には興味がなく、俳優になると言って大学も演劇映画学部に行き、卒業後も俳優になる夢のために頑張って生活していた息子が、いきなり全部やめて日本に行くと言い出すなんて。。

 

正直私は、今までどんな仕事をしてもいつも一生懸命だったので、その部分に関しては自信はあったが、実際結果として両親にちゃんと見せられたことがない私だったので。。。心配は心配だったと思う。

 

車の中で色々な考えをしていたら、もうソウルの金浦空港に着いた。

重い荷物と一緒にチェクインするために長い列に並んでいる私。

 

荷物を減らして減らして持ってきたけど、なんか不安。。。

重さを測る時何か言われそうな気がする。。。

 

やっぱその通りだった。

『かなりオーバーしているので、このままでは乗せられません。荷物を分けるか、オーバーペイを払うかです。』

 

すると、大きなカバンを一個持ってきてくれた私の父。

そのカバンに荷物をわけて送れた! 心配していた荷物ももうオッケーだ!

 

私の日本留学を案内してくれた留学院の学生たちと団体で日本に行くつもりだ。

皆で同じ飛行機に乗って行くと、羽田空港に寮まで案内してくれる人が待っているので、その人について寮まで行けばいいということだった。

 

周りをみて正直びっくりした。

日本に行く留学生がこんなにたくさんいるんだと。

その時同じ飛行機を乗って日本留学に来た人たちは、今何をしているのかな??

 

もう飛行機の時間だ。両親に挨拶をして飛行機に乗った。

 

もう出発だ。

 

もう本当に一人だという気持ちになってきた。

これからは全部一人でなんでもやって行かなきゃという考えが頭の中をかき乱していく

 

また悲壮感が押し寄せてくる。。。

何度も襲ってくる悲壮感ですでに疲れ気味。。。笑

 

私が乗った飛行機はANA

席は窓側。。

窓側に座って外をみながら色々な事を考えをていたら

乗務員たちがご飯を配り始めた。

 

そして徐々に私の列に近づいて来ているが

よく聞いてみたら、やはり日本語で案内している。。。

 

旅行で日本に行った時は、日本語を話せないのが当たり前で全然なんとも思わなかったが

自分はもう日本留学生だというスイッチに切り替わっていたので、ちゃんと日本語で話さなければならないという気持ちになった。

 

急に胸がドキドキする。

面接でもないし、テストでもないのになんで??

頭の中が忙しくなってきた。。。

 

なんて言えばいいんだろう?? 何を飲もうか。。。

それで私が決めたのは『コーヒー』

この単語には自信があったから!

絶対私も日本語で言えるぞ!と思って選んだ飲み物『コーヒー』

正直自信がある単語がこれしかなかった。

 

私の順番がやってきた。

『お客様。お飲物は何に致しましょうか?』

よし、言おう! 自信を持って!この単語くらいは言えるだろう?

『コーヒー』

『はい?』

は、、はい???だって。。何通じないっていう事??!

嘘でしょう??

もう一回言おう!

『コーヒー』

『はい??』

なんだよ!通じないのかよ!

結局一番自信があった言葉『コーヒー』が通じなくて

ボディーランゲージで伝えた。

もらった『コーヒー』を飲んでいる私。。

いつもより3倍は苦いコーヒーだ。。。

 

いや。。。コーヒーが通じないのかよ。。。

 

なんで?? コーヒーをコーヒーって言ったのになんで??

なんか不安。。。笑

私の日本生活大丈夫かな。。。

 

と、一人で悩んでいたら外には日本が見えてきた。

韓国と日本は本当に近い。。

残念な気持ちで3倍苦いコーヒーを飲んでいたらいつの間にか

もうすぐ日本です。というアナウンスが流れてきた。(これは韓国語で案内してくれたので理解できた。)

 

何年ぶりの日本なんだよ。

ドキドキする

本当にまた日本に来たというのを実感した。

 

しつこいが、もう一回覚悟を思い出して一言!

『日本語を覚える為なら、なんでもいいからとりあえず頑張ろう!』

 

(日本に行く飛行機の中で、暑苦しいほどの情熱を持って頑張ろう!頑張ろう!と思っていたのがもう6年も前の事でしたね。6年間ずっと日本にいた訳ではなかったが、本当に時間がたつのははやいというのを改めて感じます。)

 

 

www.complexnakusu.com

 

 

www.complexnakusu.com